ニュース
江北白百合幼稚園の最近のできごとや
おしらせをご覧いだだけます。

6月3日以降の保育について

2020年05月28日
新型コロナウイルス感染症にともなう休園が長引く中、保護者の皆様にはご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

さて、東京都の緊急事態宣言が解除され、江北白百合幼稚園では6月から保育を再開する準備を進めて参りましたが、足立区教育委員会より幼稚園の保護者あてに、
「国からは緊急事態宣言が解除された地域においても、基本的な感染防止策の徹底等を継続する必要がある旨などが示されていることから、引き続き、可能な方は家庭での保育にご協力をお願いする」
という内容の通達が出されました。

< 参考 >
足立区ホームページ
「緊急事態宣言解除後の区内保育所等・幼稚園の対応について」(5月27日更新)
https://www.city.adachi.tokyo.jp/kodomokate/20200303koronakodomokateibu.html

幼稚園は、子ども同士や先生との関わり合いや遊びが大部分を占める場であるため「3密」を避けるのが難しいという特性があります。

そのため、緊急事態宣言解除後も感染防止策の徹底を一定期間継続する必要があることから、江北白百合幼稚園では保護者の皆様に、6月以降も可能な場合は登園を控えてご家庭でお子様を見ていただくようご協力をお願い致します。

6月1日の始業式、2日の入園式は行いますが、3日からの通常保育の再開は見送ります。

ただし、ご家庭で保育することが難しい方を対象にした預かり保育を、6月8日から実施いたします。(年中長のみ)

預かり保育の対象は、主に「新2号認定」の園児を対象といたしますが、特別な事情のある方は幼稚園にお申し出下さい。

また、今後、都内感染状況の推移を見ながら、
6月15日から全園児を対象にした分散午前保育、
6月29日から一斉午前保育、
7月13日から一斉2時保育というように、
長い間集団生活から離れていた子どもたちが幼稚園生活に慣れるように、段階を追って保育の再開を目指してまいります。

(分散保育など通常保育再開までの流れについては、始業式・入園式の日に詳細を記したプリントを配布いたします)

なお、今年度の夏休みは、8月1日から25日までを予定しています。

通常保育が再開できるまでの間、引き続き「江北白百合おうち園」を始め、幼稚園と子どもたちのつながりを維持するために、製作キットの配布や、栽培教材の「水やり登園日」を設けるなど、幼稚園ができることを模索しつつ、子どもたちが安心して安全に登園できるよう準備を進めてまいります。

保護者の皆様には引き続きご不便やご苦労をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

江北白百合幼稚園
園長 清水謙治
like
もっと見る
未就園児親子「ラビットクラブ」
次年度入園予定の親子を対象にしたクラブです。室内での親子あそびや、白百合大農園での収穫体験などを通じて、本園の特色を知っていただくことができます。
採用情報
江北白百合幼稚園の職員採用に関する情報などにつきましては、こちらのページをご覧ください。
シンボルマークについて
2014年、創立40周年を機に、子どもたちの伸びゆく「センス・オブ・ワンダー」を1本の木に表現。本園のシンボルマークとしました。